こりを解消したい!

肩こりを治す栄養素

肩こりには様々な原因がありますが、十分に栄養を摂ることで治すことができます。
クエン酸には乳酸を代謝する作用があります。
体内に溜まった乳酸は筋肉を疲労させるので、こりを引き起こします。
そこでクエン酸を多く含む梅干や柑橘類、お酢で乳酸を溜めにくい体にします。
次にタンパク質もこりの解消に有効です。
タンパク質は筋肉の元で、筋肉を鍛えることで痛みを軽減します。
男性より女性の方が肩こりを感じやすいので、筋肉量が男性よりも少ないためと考えられています。
筋肉を効率良く作るためには、良質なタンパク質が適切です。
大豆は畑の肉と呼ばれており、脂肪が少ない一方でタンパク質の含有量が多いです。
肉よりも魚を使った料理を食べます。
症状を改善するのは、ビタミンB1が良いとされます。
豚肉やゴマ、玄米などに多く含まれています。
さらに血行不良が原因である肩こりには、ビタミンEが効果的です。
ビタミンEは血行促進作用があり、ウナギやほうれん草、ピーナッツに多く含まれいます。
これらのビタミンは美容や健康の維持に欠かせません。
よってドラッグストアにはビタミンを凝縮したサプリメントを取り扱っているので、食べ物から摂取できない場合に便利です。

顔の筋肉のこりを取り除く

こりと言うと肩がこった状態を想像します。
いまや多くの人が悩んでいる肩こりはさまざまな原因で起こるのですが、実はこりは肩の筋肉ばかりではなく顔の筋肉にも現れます。
肩と同じように顔の筋肉もそのほかの体の部位でも筋肉のある部分は筋肉を使いすぎても使わな過ぎても実は固まってしまいます。
長時間営業スマイルで顔の筋肉を同じような表情をキープするために吊り上げ続けていると顔の筋肉にも疲労がたまってしまいます。
顔の筋肉というのは肩や太ももの筋肉のように大きな部位ではないのですが、複雑な人間の表情を作るために小さな筋肉がたくさん集まっています。
年齢を重ねてゆくと肌のハリがなくなってほほがブルドッグのように垂れてきてしまう姿を見かけます。
程度の差こそあれ、誰もがたるみによってフェイスラインが変わってくるのは避けられません。
このハリのない状態というのは、実は顔の筋肉がこることによってさらに悪化します。
筋肉がこり固まっていることによって顔の皮膚の位置もい変わってしまい、長年の表情の癖が皮膚のよれやたるみになり結果としてほうれい線が目立ってくることに繋がります。
普段の生活の中ではあまり使わない顔の表情筋を動かすことで老廃物の流れも良くなり、結果的にアンチエイジングに繋がります。

recommend

お花が一番きれいな状態でお届けすることを基本とし、作り置きはせず、ご注文いただいてから一点一点丁寧に担当デザイナーがお作りしております。

プリザーブドフラワー

1978年からつすく実績と信頼、カナダのスペシャリスト

カナダの留学

最終更新日:2015/11/24

Copyright 2015 こり改善 All Rights Reserved.